簿記検定

日商簿記検定の過去問はやるべき?過去問の無料入手法など税理士が解説

悩んでいる人
「日商簿記検定の過去問に手を付けておいた方がいいのかな」
「日商簿記検定の過去問はどうやったら手に入るのかな」

この記事では、税理士の坂根が次の2点について解説します。

  • 日商簿記検定の過去問はやるべき?
  • 日商簿記検定の過去問を入手する方法

すべて無料で情報公開していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

日商簿記検定の過去問はやるべき?

日商簿記検定の過去問は、やらなくても大丈夫です。

日商簿記検定において、過去問の重要性はさほど高くありません。

少なくとも日商簿記検定の3級2級では全くいらないですし、私はやっていませんでした。

もちろん触っておいて損はありませんが、専門学校の模擬試験で十分にカバーされているので、あえて過去問に触れる必要は無いと個人的には考えます。

日商簿記検定の過去問を無料で入手する方法

簿記検定の試験が終わった直後に、大原やTACなどの専門学校が解答速報を発行しています。

受験された方向けのものですが、だれでも無料でもらうことができるため、もし過去問が欲しい場合はこれを手に入れると良いでしょう。

大原URL:https://www.o-hara.jp/course/boki_0102/bo1_answer_flash

ただし、手に入るのは直近の問題のみです。

古い過去問を手に入れる方法は有料

直近の試験以外の過去問を手に入れるにはお金を出すしかありません。

著作権の問題だと思いますが、直近の試験以外の過去問は無料では発行されていません。

日商簿記検定は「日本商工会議所」が主催する簿記検定です。

そのホームページで公開していない以上、正規ルートで過去問を手に入れる方法は無いでしょう。

有料の場合は、たとえばTACが販売している「合格するための過去問題集 日商簿記2級 '21年2月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)」があります。

これは、直近12回分の本試験問題と、講師による問題別の攻略ポイントが整理してあります。1年分の問題が183円(2,200円÷12回)で手に入るのであればかなり安いです。

>>合格するための過去問題集 日商簿記2級 '21年2月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

過去問にも手を付けて万全な状態で試験に挑みたいという方は買っておくと良いでしょう。

 

日商簿記検定の難易度は?

日商簿記検定の難易度や、おすすめの通信講座を「簿記の通信講座はおすすめ?1級2級3級の難易度など税理士が解説」でご紹介していますので、より上の級を目指す方、どの学校に通えばいいのか悩んでいる方はぜひご覧ください。

>>簿記の通信講座はおすすめ?1級2級3級の難易度など税理士が解説

 

税理士 坂根 崇真

18歳で日商簿記1級、21歳で税理士試験に3年5科目合格した税理士。一般社団法人 全国第三者承継推進協会 理事、その他 株式会社の代表取締役。中の人は複数人で運営しています。

-簿記検定