税理士事務所の求人

【求人情報あり】税理士事務所の正社員に求められる能力を解説

悩んでいる人
税理士事務所の正社員として働きたいと考えていますが、どんな能力が必要なんでしょうか。コミュニケーション能力が重要なんでしょうか。

一般的に、税理士事務所の正社員に求められる能力は、通常次の2つです。

ポイント

<一般的な税理士事務所の正社員に求められる能力>

  • 自分で物事を考えて書類を作成する能力
  • 対人能力

わたしは21歳で税理士試験に5科目合格し、新卒から税理士業界で働いています。

この記事では、新宿で開業している税理士の坂根が解説します。

なお、働きながら税理士試験の勉強をしたいなら、新宿税理士事務所の求人情報を今すぐチェックしてください。

学歴・職歴不問、税理士試験の合格科目がなくてもOK。営業不要のデスクワーク求人!事務所経験者は前職給与保障!

新宿税理士事務所の求人

\理不尽な顧問先なし、営業不要のデスクワーク!/

今すぐ求人チェック

>>新宿税理士事務所の求人情報を今すぐチェックする

税理士事務所の正社員に求められる能力

一般的に、税理士事務所の正社員に求められる能力は概ね次の2つです。

  • 自分で物事を考えて書類を作成する能力
  • 対人能力

ここで重要なのが、「資格の有無」ではないことです。

「税理士事務所の正社員=税理士試験合格者」ではありません。

むしろ、税理士事務所の正社員の大半は税理士試験に1科目も合格していない人の方が多いでしょう。税理士試験はあくまでも、税理士として独立開業するために有効な資格であることを理解しておきましょう。

税理士事務所の正社員に求められる能力について深堀りして解説します。

自分で物事を考えて書類を作成する能力

税理士事務所では、法人税法、所得税法といった「税法」を読む必要があります。すべての判断の基準となるのは税法の条文だからです。

  • 「インターネットで調べた」
  • 「Yahoo!知恵袋に書いてあった」
  • 「書籍に書いてあった」
  • 「税務署に電話して聞いた」
  • 「先輩に確認した」

これは全く根拠になりません。

税法を読んで、自分なりにどう解釈するか考える力が必要です。

また、税理士事務所では、「昨年の申告書を見て、今年の申告書も同じように作っておいて」と丸投げされるケースが多いです。入社してすぐにです。

そのため、完全に指示待ちだと役に立たない人という認定を受けかねません。

自身で調べ、「こう判断しましたので、このように進めて行って良いですか?」と確認するなど、自分で物事を考えて書類を作成する能力が税理士事務所の正社員に求められます。

対人能力

税理士事務所では、通常、入社してすぐに自身の担当となる顧問先(お客さん)を数件~数十件持つことになります。

中には、入社してすぐに「顧問先の社長のところに1人で訪問してきなさい」という事務所も多くあります。

「未経験」「新卒」「簿記2級」?そんなの関係ありません。

お客さんからしてみたら、お金を払っているのですから、オドオドしている人には来てほしくなく、解約になる可能性もあるでしょう。

そのため、対人能力ある「陽キャ」を求める税理士事務所が多いです。

だいたい、毎月顧問先に訪問する事務所、3か月に1回程度訪問する事務所が多いです。

相手は社長がほとんどですから、癖のある方も多く、これが嫌だということで税理士事務所に就職しても、鬱になったり、すぐに転職してしまう方も少なくありません。

新宿税理士事務所の求人

\理不尽な顧問先なし、営業不要のデスクワーク!/

今すぐ求人チェック

>>新宿税理士事務所の求人情報を今すぐチェックする

税理士事務所の正社員に資格は不要?

事務所の方針によって異なりますが、税理士事務所の正社員に資格は不要です。

悩んでいる人
税理士事務所の正社員として働く場合、「税理士試験に合格していないとついていけないのでは?」と考えていたのですが、違うのでしょうか

税理士事務所の正社員は、税理士試験に5科目合格していないどころか、1科目も合格していない人が大半です。

小さな病院を考えるとわかりやすいでしょう。

小さな病院では、お医者さんが1人、看護師が3人~5人ぐらいのところが多いです。

そして、税理士事務所の正社員というのは、いわば「看護師」のポジションです。

そのため、税理士試験の5科目合格は(あれば良いですが)もちろん無くてもよく、簿記2級で税理士試験を受験したこともない人も数多くいます。

大手税理士事務所の場合

大手税理士事務所の場合は、できれば税理士事務所経験者、かつ、税理士試験2科目以上を求める傾向が強いです。

大手の税理士事務所では顧問先の規模も大きくなりがちですので、それだけ取引規模が大きく、間違えたら数千万円、数億円の賠償問題に発展する可能性もあります。

また、取引規模が大きいということはそれだけ難しい取り扱いに直面する機会も増えるということです。

そのため、大手税理士事務所では税理士試験の科目合格者を求める傾向が強いです。

小規模な税理士事務所の場合

小規模な税理士事務所では、税理士事務所の経験者を求める傾向が強いです。

これは変わりません。しかし、税理士試験の科目合格者を求めるかどうかは事務所によって異なります。むしろ、税理士試験の合格科目が0~3科目程度の方が望まれることもあります。

税理士試験は「税理士になり、独立するための資格」です。

従業員数名程度の税理士事務所で、税理士試験5科目合格者を採用したとしても、数年後に独立されるのはかなりの痛手です。

税理士事務所の未経験者は、税理士試験5科目合格していようがしてなかろうが、最初の2年3年程度は大した戦力にはなりません。

採用コスト、教育コストを考えるとむしろ赤字になる可能性の方が高いです。

そして、ようやく教育が終わったところで「独立します!」となると、「裏切られた」と感じてしまう人もいます。

そのため、小規模な税理士事務所では、税理士試験の合格科目が少ない人を好むこともあります。

新宿税理士事務所で求める能力

新宿税理士事務所では、長く勤めていただける正社員を募集しています。

弊社の特徴としては、顧客訪問を行わない方針としていることです。

基本的には、書類作成と顧問先とのチャットでのやり取り、数は少ないですがお客さんに事務所に来ていただくかオンラインミーティングが主要担当業務となります。

また、書類作成をきちんとしてくれれば、担当件数とその精度によって給料は上げていく予定です。資格の有無に関わらず、です。

そのため、「人と話すと緊張してしまう方」、「税理士試験の合格は目指さないが税理士業界で活躍したい方」「デスクワークで働きたい方」はバッチリ合う可能性があります。

新宿税理士事務所で求めるのは「書類作成をまじめにできる人」「素直であること」です。

対人能力ある陽キャは特に求めていません。本来税理士に求められる専門的能力を磨いて活躍したい方を募集しています。

新宿税理士事務所の求人

\理不尽な顧問先なし、営業不要のデスクワーク!/

今すぐ求人チェック

>>新宿税理士事務所の求人情報を今すぐチェックする

税理士 坂根 崇真

18歳で日商簿記1級、21歳で税理士試験に3年5科目合格した税理士。一般社団法人 全国第三者承継推進協会 理事、その他 株式会社の代表取締役。著書「相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本(出版社:秀和システム)」Yahoo!ブックスランキング1位、Amazonランキング2位。中の人は複数人で運営しています。

-税理士事務所の求人