税理士試験

税理士試験におすすめのボールペンを3年5科目合格税理士が解説

悩んでいる人
税理士試験にお勧めのボールペンってどれですか?

ジェットストリームのボールペン芯は0.5mmの青をお勧めします。

この記事では、21歳で税理士試験に3年5科目合格した税理士の坂根が、おすすめのボールペンやおすすめしないボールペンを解説します。

ポイント

  • 税理士試験におすすめのボールペンはジェットストリーム芯は0.5mmの青
  • 税理士試験ではフリクションの使用が禁止されている
  • SARASAはにじみやすいのでおすすめしない

>>三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリームアルファゲル 0.7ブラック

これを買っておけば間違いない!

税理士試験におすすめのボールペン

ボールペンはジェットストリーム

わたしは、税理士試験の受験において、以下のジェットストリームのボールペンを使っていました。

>>三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリームアルファゲル 0.7シルバー
>>三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリームアルファゲル 0.7ブラック

※右のブラックのジェットストリームのボールペンに青の0.5mmの替え芯を入れて使用していました。

ジェットストリームは書き心地が良く、にじみにくいです。

SARASAなどの水性ボールペンはにじみますし、フリクションなど文字を消せるボールペンは税理士試験では使えません。

次のように、わたし以外の合格した税理士や税理士試験の受験生の多くの方もジェットストリームのボールペンを使っています

税理士試験で2時間書き続けるための練習を繰り返すことで、けんしょう炎になってしまう方も多くいます(私の知る限りでは、10人に1人ぐらいけんしょう炎になっています)し、税理士試験は2時間に及ぶ長丁場の試験のため、疲れにくい、以下のアルファゲルのジェットストリームボールペンをお勧めします。

>>三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリームアルファゲル 0.7ブラック

ちなみに、わたしの受験当時は価格が2,000円ぐらいした記憶がありますが、現在は741円と、昔と比べて6割引き状態です。

「どんなボールペンが良いか」あれこれ悩むよりは、今サクっと購入した方が貴重な勉強時間を無駄にせずにすみます。わたしはこのボールペンで3年間戦いましたので、選んで間違いない1本です。

ボールペンの芯は青の0.5mm

>>替え芯:ジェットストリーム 0.5 ブルー
>>替え芯:ジェットストリーム 0.5 ブラック

  • 黒より青のボールペンをお勧め
    黒のボールペンは、比較的サラサラ書きやすいです。ただし、黒のボールペンを使うと、問題用紙にメモを書き込んだあと見落とす確率が高くなってしまいます。青のボールペンであれば、問題用紙に記入したメモを見落としにくいため、青のボールペンをお勧めします。
  • 芯のサイズは0.5mmをお勧め
    ボールペンの芯のサイズは0.5mmをお勧めします。0.7mmはなめらかで書きやすいですが、太すぎるため、解答用紙に一度書いたあと文字がつぶれて書き直しができなくなるからです。

色々と試しましたが、青いペンで、かつ、0.5mmの芯がお勧めです。問題用紙へのメモの見落としにくさや、書いた答えの読みやすさなどを考慮するとこれが最適です。

ちなみに、たまに、試験以外の勉強時間で1本10円とかで売っている安物のボールペンを使う人もいますが、やはりそういったケチな人で良い結果を残す人はほとんどいません。消耗品でケチってもしょうがないので、普段から試験本番で使うものを買い、どんどん消費していきましょう。

税理士試験で使用が認められているボールペン

税理士試験では、使用が認められている文房具が次の通り決められています(国税庁ホームページ参照)。

「答案の作成には、必ず黒又は青インキの筆記具を使用してください鉛筆、消せるボールペン等の修正可能な筆記具の使用は認めません。修正液又は修正テープの使用は認めます。黒又は青インキの筆記具以外のもので記入した答案は採点されません。なお、問題用紙及び計算用紙に限り、鉛筆、色付ペン及びプラスチック製消しゴムの使用を認めます。」

鉛筆で書いた回答は消しゴムで消せますし、フリクションも書いた文字を消せるので使えません。

厳密にルールとして決まっていますので、「これぐらいならいいだろう」は通用しません。気を付けましょう。

(参考)税理士試験で使ってはいけないボールペン

一例ですが、次のボールペンは使うことができません。

  • フリクション(消せるボールペンを解答に使うことはできないため)
  • 赤色のボールペン(黒または青の筆記具しか認められていないため)

これらは、問題用紙のメモにのみ使うことは可能ですが、あえて持ち込む必要は無いでしょう。

税理士試験におすすめしないボールペン

SARASAや、アクロボールなど、わたしもいろんなボールペンを使いました。

どれも一長一短あると思いますが、中でもSARASAは特にお勧めできません。

一度自分で試してみても良いとは思いますが、にじみます。

文字が読めなくなってしまえば何分かけて出した答えであろうと0点になってしまいますので、安全にジェットストリームのボールペンを使うのが良いでしょう。

わたしは簿記論、財務諸表論、消費税法、相続税法、法人税法の5科目を受験・合格しましたが、どの科目でもジェットストリームのボールペンを使いました。おすすめです。

>>三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリームアルファゲル 0.7ブラック

これを買っておけば間違いない!

税理士 坂根 崇真

18歳で日商簿記1級、21歳で税理士試験に3年5科目合格した税理士。一般社団法人 全国第三者承継推進協会 理事、その他 株式会社の代表取締役。著書「相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本(出版社:秀和システム)」Yahoo!ブックスランキング1位、Amazonランキング2位。中の人は複数人で運営しています。

-税理士試験