税理士試験

税理士試験は独学では無理?3年で短期5科目合格した税理士が解説

税理士試験は独学での合格は非常に厳しいです。予備校(専門学校)に通いましょう。

以下では、次の2点について税理士が解説します。

  • 税理士試験は独学では無理?
  • 税理士試験を独学するぐらいなら通信講座を活用しよう

税理士試験を受験する方は必読です。

税理士試験は独学では無理?

税理士試験は独学での合格は厳しい

税理士試験は独学での合格は非常に厳しいです。

【難易度】税理士試験の合格率は10%!大学在学中に合格可能?税理士が解説」で解説している通り、税理士試験は1科目あたり10%前後、かつ、5科目の合格が求められる試験だからです。

5科目合格するまでに3年でエリート、5年で順当、8年ぐらいが平均と言われています。

そのため、合格までに10年かかる人や合格できずに諦める人も少なくありません。

今まで何百人もの税理士と会いましたが、独学で合格した人の話を聞いたことがありません。

仮に合格できたとしても、独学ではゴールを見据えられず、どう勉強したら良いかもわかりません。

そのため、予備校に通うより、合格までに多くの勉強時間を必要とすることは明らかです。

1年でも早く合格するために、必ずどこかの予備校に通いましょう。

受験に専念すべき?働きながら勉強すべき?

税理士試験に受験専念すべきかどうかは、税理士試験を自分の中でどう位置付けるかによります。

絶対に税理士になりたいか、そうじゃないかにもよります。

税理士試験に21歳で短期5科目合格した勉強方法などを大公開」の記事が参考になるでしょう。

受験専念すべきかや、知人の経歴などを基に話していますので受験専念すべきか迷っている方はご覧ください。

大学生も予備校に通うのが一般的

大学に通っていても税理士試験に特化した授業は行われません。

そのため、大学生はどこかの専門学校に通学若しくは通信講座で学ぶ(ダブルスクール)ことが一般的です。

税理士試験が独学では厳しい理由

税理士試験が独学では厳しい理由を2つ挙げてみます。

  1. モチベーションが続かない
  2. 講義で扱っているテキストだけの販売は行われていない

1.モチベーションが続かない

税理士試験は1年に1回しか行われません。

通常、1回で受験するのは1科目から多くて3科目です。

つまり、とても早くて2年か3年、順当に行って5科目合格までに5年もかかる試験です。

予備校の模擬試験などがあれば、周りと比べていまどのぐらいの成績かがある程度わかりますが、独学では完全に1人、比べる相手もいません。

そのため、独学ではモチベーションが続きません。

2.講義で扱っているテキストだけの販売は行われていない

大原など、講義に申し込んだ人には税理士試験の受験用にテキストが配られます。

しかし、このように講義で扱っているテキストだけの販売は行われていません(講義で扱っていない問題集だけの販売は行われていたりしますが、優先度は低めです)。

予備校からすればテキストは重要なノウハウなので、講義を受講しない人向けにテキストだけの販売は行っていないということですね。

中古のテキストであれば中古ショップで手に入れられないこともないですが、税法は毎年改正が行われるため、型落ちのテキストを使ってはいけません

講義に申し込めば毎年の法改正や前回の試験内容が反映されたテキストが手に入るので、どこかの予備校に通うことをお勧めします。

税理士試験は独学では厳しい。通信講座で学びましょう

税理士試験は簿記論や財務諸表論、消費税法など様々な科目があります。

ただ、どの科目も上位10%が合格できる試験です。

独学だと、周りのライバルに差をつけられてしまいます。

予備校にはテキストはもちろん、試験に合格するための模擬試験など用意してくれるため、予備校に通った方が圧倒的に合格に近づけます。

ケチって独学で勉強した結果、合格できなかったら膨大な時間が無駄になります。

スタディングのように、数万円(大原やTACの6分の1の値段)の通信講座もあるため、独学するぐらいであればこういった通信講座を活用しましょう。

通信講座で合格可能?税理士試験におすすめの予備校(専門学校)を比較が参考になります。大原やTACなど予備校の比較を行っていますので、これから税理士試験の受験を考えている方はぜひご覧ください。

>>通信講座で合格可能?税理士試験におすすめの予備校(専門学校)を比較

 

税理士試験に落ちないために知っておくべきこと

「税理士試験の合格が21歳なんて早い!羨ましい!」そう思う方もいるでしょう。

このnoteは、2年で5科目合格を目指したものの、残念ながら法人税法に不合格になった経験(=3年で5科目合格となった経験)から、税理士試験に落ちないために知っておくべきことを本音で語っています。

本音を言えば無料で公開してもよいのですが、 専門学校に対する批判なども含んでおり、あまり公にしたくない内容と なっています。

そのため、税理士試験に合格したいと本気で思っている方限定で有料公開することとしました。

本気で一発合格を目指す方だけ、こちらをクリックしてご覧いただければ、税理士試験に合格するための秘訣がわかります。

1年に1回しかない税理士試験、本気で合格したい方はぜひ今すぐご覧ください

>>税理士試験に落ちないために知っておくべきこと(こちらをクリック)

税理士 坂根 崇真

18歳で日商簿記1級、21歳で税理士試験に3年5科目合格した税理士。一般社団法人 全国第三者承継推進協会 理事、その他 株式会社の代表取締役。中の人は複数人で運営しています。

-税理士試験