税理士試験

税理士試験の独学におすすめのテキストは?3年5科目合格税理士が解説

悩んでいる人
税理士試験の独学にはどこのテキストがいいのかな。おすすめはありますか?

税理士試験を独学で突破するのはかなり厳しいです。お金に余裕が無いなら、市販のテキストを買うのと同じぐらいの値段で勉強できる格安通信講座「スタディング」を活用するのが良いでしょう。

この記事では、21歳で3年5科目合格した税理士の坂根が解説します。

ポイント

  • テキストのみで独学合格:受験科目によっては可能だがかなり厳しい。
  • 法改正が毎年ある、独学だと法改正についていけない
  • 市販のテキストと問題集をそろえるだけで1科目2、3万円かかる(しかも教材のレベルが低い)。

特に税法は毎年法改正があるので、テキストでの独学合格を目指すにしても、現実的には「簿記論」「財務諸表論」限定で考えるのが良いでしょう。

そして、独学するぐらいであれば、市販のテキストを買うのと同じぐらいの値段で勉強できる格安の通信講座「スタディング」をお勧めします。(詳細:【税理士試験】スタディングの評判は最悪?21歳5科目合格税理士が解説)。

【税理士試験】スタディングの評判は最悪?21歳5科目合格税理士が解説

税理士試験をテキストで独学合格は可能?

悩んでいる人
税理士試験を始めて受験するんだけど、お金もないし、とりあえずテキストだけ買ってみて勉強しようかな

正直、おすすめしません。

税理士試験をテキストのみ購入し、独学で合格することは、科目によっては可能だと思います。

税理士試験は全部で11科目あり、このうちの5科目を合格し、2年間の実務経験を積めば税理士登録が可能です。

ただ、受験しなければならない科目などの制限があり、簡単な科目だけ選ぶといったことはできません。 そして、5科目すべてを独学で合格するのは正直厳しいです(50年前などなら別として、ここ20年ぐらいでは、全国の税理士を探しても、全くいないか、いても数えるほどしかいないでしょう)。

また、独学の人向け用には、そもそもマトモなテキストが販売されていません。 たとえば、大手予備校の資格の大原はテキストを販売していませんし、同じく大手のTACも、講義で使っているものとは別のテキストを販売しています。 しかも、そのグレードを落としたテキストも値段が高いです。

1科目あたり1冊3,000円や4,000円で4冊などあります。 きちんとした問題集は別売りのため、全部そろえようと思うと、テキストと問題集だけで1科目2万円、3万円します。

それなら、数万円で講義にテキストに問題集に模擬試験までついてくるスタディングなど、格安通信講座の方が良いでしょう。

【税理士試験】スタディングの評判は最悪?21歳5科目合格税理士が解説

ポイント

  • 税理士試験の独学合格は厳しい
  • いけても簿記論、財務諸表論が現実的なライン
  • 税理士試験は2~8年ほどかかる試験、独学は精神力が持たない
  • 税法は毎年改正があるため、市販テキストだと刷新が間に合わない
  • 税理士試験を独学するぐらいなら格安通信講座を活用しよう

税理士試験をテキストのみの独学で合格できる科目は簿記論・財務諸表論

簿記論、財務諸表論であれば、独学で合格できないこともないと思います。

税理士試験の各科目の合格率は10%程度と言われていますが、近年、簿記論と財務諸表論の合格率はかなり高くなっています。そのため、簿記論と財務諸表論の合格率は20%を超える年や30%近い年になることもあり、独学でも合格できる可能性はあるでしょう(参考記事:【難易度】税理士試験の合格率は10%!大学在学中に合格可能?税理士が解説)。

また、税法科目は毎年法改正が入り、試験範囲が変わりますが、簿記や会計はそんな頻繁に改正が入りません。 税法科目を独学で勉強する場合、テキストが出版されるのを待っていると差し替えが追い付きませんが、簿記論、財務諸表論であれば差し替えの必要性が少ないです。

もし独学するなら簿記論、財務諸表論に絞っておく方が良いでしょう。

上記の財務諸表論独学合格者はわたしの知人の税理士ですが、税務署の勤務経験がありますし、元々ある程度知識のある方です。簿記論、財務諸表論ぐらいであれば、独学で合格できないこと無いとは私も思います。 ただ、効率が良くないのでおすすめはしません。

税理士試験は独学での合格は厳しい

悩んでいる人
税理士試験は60点で合格できる試験ですよね、独学で勉強して合格目指そうかなと思ってるんですけどどうですか?

それは流石に考えが甘いですね、税理士試験は独学での合格は非常に厳しい試験です。

税理士試験は1科目あたり10%前後の合格率であり、かつ、5科目の合格が求められる試験です。しかも、1年に1回しか受験するチャンスがありません。 1年に受験する科目数は、働きながらだと1科目、受験専念する方で1~3科目が一般的です。そうすると、すべてストレートで合格しても2年~5年かかります。

5科目合格するまでに3年でエリート、5年で順当、8年ぐらいが平均と言われています。そのため、合格までに10年かかる人や合格できずに諦める人も少なくありません。

そんな長期間、独学で勉強できますか?恐らく、試験日までモチベーションが続きませんし、試験に落ちたときに、再度受験しようと思えない人がほとんどだと思います。

今まで何百人もの税理士と会いましたが、独学で5科目合格した人の話を聞いたことがありませんし、独学では、予備校に通うより、合格までに多くの勉強時間を必要とすることは明らかです。1年でも早く合格するために、必ずどこかの予備校に通いましょう。

大学生も予備校に通うのが一般的

悩んでいる人
俺、大学生なので時間あります!市販のテキストを買って簿記論と財務諸表論だけ受験しようと思ってるけどいかがですか?

大学生で時間があっても、独学での受験はお勧めしません。 まず、大学に通っていても税理士試験に特化した授業は行われません。そして、市販のテキストはほぼ、予備校の講座で使われているものより1グレード落としたものが使用されています

そのため、大学生はどこかの専門学校に通学若しくは通信講座で学ぶ(ダブルスクール)ことが一般的です。

ちなみに私は高校卒業後、大原簿記専門学校の専門課程(税理士試験の試験専念コース)にすすみましたので、税理士試験に特化して勉強していました。その結果、3回の受験で21歳5科目合格を果たしましたが、通常、大学生が税理士試験を受ける場合は予備校に通った方が良いでしょう。

参考に、第70回(令和2年度)税理士試験の大学生5科目合格者数はたった2人です。

区分 受験者数 (A) 合格者数等 合格率 (B/A)
学歴等区分 5科目 到達者数 一部科目 合格者数 合格者数合計 (B)
学歴 大学卒 20,166人 509人 3,387人 3,896人 19.3%
大学在学中  1,143人 2人  371人  373人  32.6%
短大・旧専卒  676人  13人  104人  117人  17.3%
専門学校卒  2,409人  72人  333人  405人  16.8%
高校・旧中卒  1,912人  38人  418人  456人  23.8%
その他  367人  14人  141人  155人  42.2%
年齢 41歳以上  10,105人  247人  1,087人  1,334人  13.2%
36歳~40歳  4,343人  136人  696人  832人  19.2%
31歳~35歳  4,619人  126人  876人  1,002人  21.7%
26歳~30歳  3,890人  96人  881人  977人  25.1%
25歳以下  3,716人  43人  1,214人  1,257人  33.8%
合計  26,673人  648人  4,754人  5,402人  20.3%

表:第70回(令和2年度)税理士試験の結果

大学在学中の5科目合格者は毎年1人か2人程度であり、0人という年もあります。独学で合格しようと考えていると、いつまでたっても合格できない可能性があります。

予備校に通って早期合格した方が人生を豊かに過ごすことができます。

税理士試験が独学では厳しい理由

税理士試験が独学では厳しい理由を2つ挙げてみます。

  1. モチベーションが続かない
  2. 市販のテキストはレベルが落としてある

1.モチベーションが続かない

税理士試験は1年に1回しか行われません。

通常、1回で受験するのは1科目から多くて3科目です。

つまり、とても早くて2年か3年、順当に行って5科目合格までに5年もかかる試験です。

予備校の模擬試験などがあれば、周りと比べていまどのぐらいの成績かがある程度わかりますが、独学では完全に1人、比べる相手もいません。

そのため、独学ではモチベーションが続きません。

予備校に通っていれば模擬試験もあり、だいたいどのぐらいのレベルか、というのを把握できます。しかし、独学だと周りにライバルがいませんので、自分のレベルがどのぐらいかわからないというのもつらいですね。

2.市販のテキストはレベルが落としてある

大原やTACなど、講義に申し込んだ人には税理士試験の受験用に分厚いテキストが配られます。大原のケースだと各科目で分厚いテキストがだいたい4冊ほど、それに問題集も大量にあります。

しかし、講義で扱っているテキストや問題集は市販されていません

予備校からすればテキストは重要なノウハウなので、講義を受講しない人向けにテキストだけの販売は行っていないということです。 中古のテキストであれば古本屋等で手に入れられないこともないですが、税法は毎年改正が行われるため、1年落ちであっても型落ちのテキストを使ってはいけません

講義に申し込めば毎年の法改正や前回の試験内容が反映されたテキストが手に入るので、予備校に通うことをお勧めします。

税理士試験を独学で合格するためにお勧めのテキストは?

税理士試験を独学で合格できるのは、現実的には簿記論と財務諸表論の2科目です。

税理士試験を独学で目指すのはお勧めしませんが、簿記論と財務諸表論に絞ってお勧めのテキストをご紹介します。

ちなみに、税理士試験の大手予備校である資格の大原はテキストの販売を行っていません。問題集のみ販売しています。 そうなると、市販で買うべきは、税理士試験の大手予備校のTACが販売している次の教材一択です。

1冊3,000円や5,000円します。

上記のように、テキストの冊数は多いうえに、市販のテキストは通常の講義で使っているものではありません。 一段階グレードを落とされています。

2万円、3万円払って、モチベーション保てず1年間を棒に振るのは非常にもったいないです。

それなら、数万円で講義にテキストに問題集に模擬試験までついてくるスタディングなど、格安通信講座を受験しておいた方が良いでしょう。

【税理士試験】スタディングの評判は最悪?21歳5科目合格税理士が解説

税理士 坂根 崇真

18歳で日商簿記1級、21歳で税理士試験に3年5科目合格した税理士。一般社団法人 全国第三者承継推進協会 理事、その他 株式会社の代表取締役。著書「相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本(出版社:秀和システム)」Yahoo!ブックスランキング1位、Amazonランキング2位。中の人は複数人で運営しています。

-税理士試験