税理士試験

税理士試験の5科目合格に必要な勉強時間の目安を税理士が解説

悩んでいる人
これから税理士を目指そうと思うんだけど、どのぐらい勉強時間が必要なのかな?

目安としては各科目600~1,500時間、5科目の合格に4,000~7,000時間程度をみておくと良いでしょう。

税理士試験の合格に必要な勉強時間は科目によって異なりますが、勉強に充てられる時間はすべて勉強に充てることをお勧めします。

この記事では、21歳で5科目合格した税理士の坂根が解説します。

ポイント

  • 専門学校が公表する税理士試験の5科目合格にかかる勉強時間の目安は2,500~6,000時間
  • 専門学校が公表する各科目の勉強時間は理論暗記の時間が含まれていない。実際には公表時間の2~3倍が目安。
  • 勉強に充てられる時間をすべて勉強に費やすべき
  • 現実的には5科目合格に4,000~7,000時間ほどのケースが多いと思われる
  • 勉強時間が短い科目はライバルと差がつかないので、ボリュームある科目がおすすめ

>>税理士試験に落ちないために知っておくべきこと(こちらをクリック)

税理士試験の合格にかかる1日の勉強時間の目安は?

資格の大原では、税理士試験の合格に必要な勉強時間が、短くて2,500時間、長くて6,000時間。3年間から6年間程度の期間を要すると公表しています。

ただし、税理士試験の1日あたりの勉強時間の目安は、「勉強に充てられる時間をすべて勉強に費やす」がわたしの答えです。現実的には4,000~7,000時間ほどで合格するケースが多いと思います。

参考に、資格の大原やTAC、スタディングでは、各科目の合格にかかる勉強時間の目安は以下の通りと公表しています。

科目 資格の大原 TAC、
スタディング
簿記論 400時間 450時間
財務諸表論 400時間 450時間
所得税法 600時間 600時間
法人税法 600時間 600時間
相続税法 520時間 450時間
消費税法 300時間 300時間
酒税法 170時間 150時間
国税徴収法 170時間 150時間
住民税 190時間 200時間
事業税 190時間 200時間
固定資産税 190時間 250時間

引用:大原(パンフレット)、TACの勉強時間の目安、スタディング平均勉強時間の目安
URL:
https://www.tac-school.co.jp/kouza_zeiri/zeiri-blog/blog-boki06.html
https://studying.jp/zeirishi/about-more/tanki_goukaku.html

TACとスタディングは同じ勉強時間を示しています。

注意したいのは、上記の時間にどれも理論の暗記時間が含められていない点です。

税理士試験の科目では、それぞれ「計算」と「理論」の2つの問題があり、多くの受験生は「理論」の勉強にかなりの時間を費やします。

そのため、この勉強時間はほとんど参考になりません。

また、理論の暗記時間を考慮しない場合(計算のみの勉強時間)であっても、個人的にはこの時間で合格することは厳しいと考えます。

現実的に税理士試験の合格にかかる勉強時間は、上記大原などのパンフレットに記載されている勉強時間の概ね2~3倍ぐらいと見ておくと良いと考えています。

1つの科目について2年3年と勉強を重ねる人もいますが、そのぐらいの勉強時間を確保できれば、1回で合格できる可能性は十分にあります。

勉強時間が短い科目なら合格しやすい?

合格に必要な勉強時間が短いからといって、合格しやすいわけではありません。

上記の勉強時間を見て、「合格に必要な勉強時間が短い酒税法を選ぼう!」という人もいます。

悪いわけではありませんが、仕事で使う機会が無いものを勉強するというのがそもそもナンセンスです。

また、勉強時間が短いからといって、税理士試験の各科目の合格率は「【難易度】税理士試験の合格率は10%!大学在学中に合格可能?税理士が解説」で解説している通り、それぞれ10%程度です。

名目上は60点以上で合格とされていますが、合格率から考えると、概ね相対評価で配点が割り振られていると考えられています。

そのため、税理士試験は点数をとれる問題はすべて点数をとるのが鉄則です。

感覚的に言えば、計算問題のケアレスミスが2個ぐらいまでであれば許されるレベルで、それ以上落とすと合格は厳しくなります。

ただし、勉強時間が短い科目ではそれ以上にミスが許されません。

なぜなら、勉強時間が短い科目では覚える範囲も少ないため、周りのライバルとの差が付かないからです。

そのため、勉強時間が短い科目ではミスがまったく許されないレベルにまで仕上げなければなりません。

どんな科目を受験すればいいの?と悩んでいる方は「【税理士試験】おすすめの科目選択について税理士が解説」で何の科目選択をすれば良いか参考に紹介していますのでご覧ください。

実際の税理士試験の勉強時間

わたしは勉強時間を数えていたわけではありませんが、寝る間も惜しんで、土日も勉強して、ようやく合格できるレベルと考えておけば良いと考えています。

事実、朝起きてから夜寝るまで、勉強ばかりしていた日がほとんどでした。

1年365日のうち、300日、12時間勉強するだけで3,600時間確保できます

受験専念される方であれば、このぐらいの時間は確保できると思います。

また、社会人であっても、土日に10時間ずつ、平日に2時間として、1週間に30時間。1年間を52週とすれば1,560時間確保することができます。

これだけの時間を確保できれば、受験専念であれば1年間に2科目以上、社会人であっても1年間に1科目は合格可能です

そうすれば、税理士試験に合格するまで最短で2年、遅くとも5年以内に合格できる計算です。

もちろん、これ通りにはいかないでしょうし、たまには遊びたくなるかもしれません。

試験の合格がゴールではありませんし、家族に何かしてあげたい気持ちもあるでしょう。

しかしながら、周りが必死に頑張っている中、10%の人しか合格ができない試験ということは忘れてはいけませんし、家族の応援あってこそ、勉強時間を確保できているはずです。

むずかしい試験とはいえ、だらだらと何年もかけるのはお勧めできません。1発で合格できるよう、全力をつくしましょう。

参考:実際の税理士試験合格にかかった時間(他の人の声)

わたしの意見だけだと信ぴょう性が高くないと感じる方もいると思いますので、合格者の声を集めてみました。

もちろん人によりますが、このぐらいの時間勉強すればいいやと考えていると、いつまでたっても合格できません。勉強に充てられる時間はすべて勉強に充てるぐらいの勢いが良いでしょう。

税理士試験に落ちないために知っておくべきこと

「税理士試験の合格が21歳なんて早い!羨ましい!」そう思う方もいるでしょう。

このnoteは、2年で5科目合格を目指したものの、残念ながら法人税法に不合格になった経験(=3年で5科目合格となった経験)から、税理士試験に落ちないために知っておくべきことを本音で語っています。

本音を言えば無料で公開してもよいのですが、 専門学校に対する批判なども含んでおり、あまり公にしたくない内容と なっています。

そのため、税理士試験に合格したいと本気で思っている方限定で有料公開することとしました。

本気で一発合格を目指す方だけ、こちらをクリックしてご覧いただければ、税理士試験に合格するための秘訣がわかります。

1年に1回しかない税理士試験、本気で合格したい方はぜひ今すぐご覧ください

>>税理士試験に落ちないために知っておくべきこと(こちらをクリック)

税理士 坂根 崇真

18歳で日商簿記1級、21歳で税理士試験に3年5科目合格した税理士。一般社団法人 全国第三者承継推進協会 理事、その他 株式会社の代表取締役。著書「相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本(出版社:秀和システム)」Yahoo!ブックスランキング1位、Amazonランキング2位。中の人は複数人で運営しています。

-税理士試験